性行為後でも避妊できる薬アフターピル

アフターピルってどうなの?

性行為の後でもできる避妊、それがアフターピルです。いつもは妊娠しないように意識しているが、様々な状況で回避できない場合があります。緊急避妊薬とも呼ばれるアフターピルで望まない妊娠を防ぎましょう。

避妊に失敗したかも!そんな時はアフターピル

性の知識がとてもあって、人一番関心がある女性で経口避妊薬を服用している方は多いでしょう。避妊は男性側だけと考えられていたのも、もう古いです。コンドームは確かに避妊の効果はありますが、装着の不備があったり、敗れることがあります。コンドームは性病を移したりしないのが最大の目的であって、避妊は第一の目的にはなっていません。欧米では性教育が進んでいるので、そうした認識が多く、女性側がピルを服用していることが多いです。日本に至っては教育の不完全なところもありますが、まだまだ認識が甘いです。レディースクリニックに行くことも恥ずかしいという人も多いです。男性にコンドームで避妊をしてもらって、女性は普段、避妊薬を服用しておらず、いざ、避妊に失敗したかもと焦ることが人生のなかでは何度かあるでしょう。ですが、心配いりません。そんな時はレディースクリニックを訪れましょう。アフターピルと呼ばれる避妊薬を処方してもらえます。これは最後の性行為から72時間以内に決められた容量を服用します。あくまで緊急用のピルなので、今回だけのものです。これは中絶の薬ではなく、妊娠を予防する薬です。個人差はありますが、副作用で吐き気などがあるので、安静にすることが肝心です。嘔吐してしまったら薬の意味がないからです。望まない妊娠は避けたいものです。72時間と決められた時間内であれば、アフターピルの服用によってそれが避けられるので、絶対におすすめです。誰でも最初は無知です。ですが、一度処方してもらって、助かったならば、そこで知識がついて次に生かすことができます。一つ勉強になることで、知識もついて、次は失敗しないように普段からピルを服用する人も増えるでしょう。

アフターピルの効果が高い服用のタイミングとは?

アフターピルは緊急避妊薬です。毎日服用することで排卵をストップさせ、妊娠することを防ぐ低用量ピルよりも配合されている女性ホルモンの量が多く体内の女性ホルモンのバランスを大きく変えるのが特徴です。その作用により女性ホルモンの体内バランスを変化させることで排卵をストップさせたり受精卵が着床する場所である子宮内膜を剥がしたり、精子が子宮の中に入らないように粘液の粘度を上げるなどの働きをして、通常は20~25%程度だと言われている妊娠をする確率を低下させてくれます。アフターピルは避妊に失敗してから72時間以内に服用することで避妊効果が高まりますが、その効果は100%ではありません。72時間以内であっても12時間以内に服用した場合と72時間のタイムリミットぎりぎりで服用した場合では避妊効果は大きく違います。これは受精卵が着床してしまってからではアフターピルの避妊効果がなくなってしまうためです。避妊に失敗してから12時間以内の服用で妊娠する確率は0.5%ほどだと言われていて、ほとんど妊娠する心配はないと言っても良いでしょう。しかし、13時間~24時間以内で1.5%、25時間~36時間以内で1.8%、37時間~48時間以内で2.6%、49時間~60時間以内で3.1%、61時間~72時間で4.1%と、服用するタイミングが遅くなればなるほど妊娠する確率は上がってしまうのです。この数字はすべての期間での統計になるため、排卵日近くのタイミングで避妊に失敗した場合、妊娠する確率はさらに上がってしまいます。そのため、アフターピルの効果が高い服用のタイミングは避妊に失敗したらなるべく早く、12時間以内の服用を目指すようにしましょう。

アフターピルの副作用とは?

アフターピルは緊急的に薬の作用によって、避妊の効果を得るピルの事を言います。通常のピルで避妊の効果を得るには、毎日同じ時間帯に服用を続けなければいけません。ですが、中には避妊に失敗してしまったなどの理由から、緊急的に避妊の効果を得なければいけないケースも出てきます。このような時に活用したいのが、アフターピルなのです。一般的なピルのように事前に服用する必要は無く、性交渉後に服用する事によって避妊の効果を得られます。人工的に子宮内膜を剥がし、受精卵の着床を抑える事で避妊の効果を発揮します。100%の確率で避妊できないものの、正しいタイミングで服用すれば約96%という高い確率で、妊娠を防ぐ事が可能です。望まない妊娠を避ける為にも、万が一の事を考えてアフターピルを事前に用意しておくのも良いでしょう。ただ、薬である以上、副作用のリスクはゼロではありません。アフターピルはホルモン剤が、中用量配合されているピルを処方するケースが多いようです。中用量ピルは現在、主流となっている低用量ピルよりもホルモン剤が多く含まれている為、服用すると急激に体内の女性ホルモンバランスが変化します。この急激な変化に体がついていかず、副作用を引き起こしてしまうのです。症状としては主に、吐き気や腹痛が起こります。アフターピルを服用した方の約半数に、吐き気の症状が起こったというデータがある程ですので、高い確率で副作用が起こると言えます。しかし、ずっと続くという訳ではなく、服用から24時間以内には、ほぼ副作用の症状は収まるので安心しましょう。副作用の事を考えると心配になりますが、性交渉後でも避妊の効果を得られるアフターピルは、女性にとって大きな味方となってくれる薬です。