性行為後でも避妊できる薬アフターピル

性行為の後でもできる避妊、それがアフターピルです。いつもは妊娠しないように意識しているが、様々な状況で回避できない場合があります。緊急避妊薬とも呼ばれるアフターピルで望まない妊娠を防ぎましょう。

アフターピル服用後にお酒を飲んだら異常が出る?

妊娠したくないのにセックスの際の避妊で失敗してしまったときは、婦人科でアフターピルを処方してもらうのがおすすめです。

失敗発覚後に72時間以内に服用すれば、高い確率で妊娠を回避できます。
避妊の失敗が多い人や、その恐れがある場合にはあらかじめネット通販なので海外から個人輸入して取り寄せておくのも良いでしょう。

アフターピルを服用後、数日から3週間以内に消退出血と呼ばれる通常の生理とは異なる出血が見られれば妊娠を回避できたことになりますが、3週間経過しても出血がなかった場合には妊娠している可能性が高いといえますので、早めに婦人科で診てもらうようにしましょう。

また、毎日晩酌する週間のある人は、ピルの服用後にお酒を飲みたいと考える人もいるかもしれません。

アフターピルはエストロゲンとプロゲステロンの合成剤なのでこれらのホルモンが大量に含まれており、それが体内に入ってくることで女性ホルモン地を増加させ妊娠したような状態を作ることで妊娠するのを防ぐ作用があります。

基本的に、女性ホルモンはアルコールによる影響は受けないので、服用後に飲酒をしても異常が出るようなことはないといえるでしょう。

ただ、あまりにたくさん飲み過ぎて2錠飲まなければいけないのに飲み忘れてしまったり、酔って嘔吐した場合には薬の効果が弱まってしまうことが考えられます。

加えて、お酒を飲むことで胃腸に影響し下痢をしてしまったりすると、一度くらいの下痢では問題ないですが何度も繰り返し下痢をしてしまうとせっかく服用した分のピルの吸収が悪くなることもあります。

ほろ酔いくらいであればあまり気にすることはありませんが、多量摂取しすぎて酔ってしまうのだけは避けるようにするのが望ましいといえるでしょう。