性行為後でも避妊できる薬アフターピル

性行為の後でもできる避妊、それがアフターピルです。いつもは妊娠しないように意識しているが、様々な状況で回避できない場合があります。緊急避妊薬とも呼ばれるアフターピルで望まない妊娠を防ぎましょう。

コンドームの交換、緊急事態の時は東京でアフターピル

世の中には色々な避妊対策のノウハウがあります。
効果が非常に高いテクニックから、プラシーボ効果による対策まで細かいものを含めば10種類以上のやり方が存在します。
ただ医療的な観点から見ますと、効果的な対策は3つ位に絞りこまれます。
1つめは生理期の予測による避妊対策です。基礎体温表をしっかりとチェックする事で、いわゆる安全日と危険日を正しく割り出すやり方です。危険日にはセックスをしない、安全日に限り男性とデートをする、といった風にライフスタイル自体を丁寧に管理すれば、望まない結果が訪れる事はありません。

2つめの方法ですが、コンドームの使用です。
義務教育の中ではコンドームの利用が最も効果的な避妊対策として推奨されています。
どこでも気軽に買える製品であり、正しく着用すれば避妊率は9割以上と、非常に頼もしいアイテムです。
ただ、国産の一流メーカーの製品なら劣化や初期不良の心配は少ないですが、いわゆる安価な海外製のコンドームは最初からキズが入っていたり、破けている事がありますので、必ず使用する前に目視で確認しましょう。
破損した製品は使用せずに直ちに新しい製品に交換しなければ、コンドームの効果を得られません。

3つの避妊対策ですが、事後的に利用するアフターピルです。
東京の婦人科では望まない妊娠を避ける最終手段としてアフターピルが処方されています。
レイプの被害者や恋人からの強制的な性行為の強要、またはコンドームの破損による実質的な膣内射精、
そういったリスクを負った女性に対して処方されており、セックスした後、直ちに服用すれば9割以上の確率で不幸な結果を避けられます。
アフターピルは最終手段ではありますが、勘違いで危険日に膣内射精を許してしまった方やコンドームの破損に後から気づいたカップルを救う画期的な避妊対策として普及しています。