性行為後でも避妊できる薬アフターピル

性行為の後でもできる避妊、それがアフターピルです。いつもは妊娠しないように意識しているが、様々な状況で回避できない場合があります。緊急避妊薬とも呼ばれるアフターピルで望まない妊娠を防ぎましょう。

スポーツドリンクで飲めるアフターピルと副作用の症状

セックスの時にコンドームが外れてしまったなどのアクシデントで避妊に失敗してしまった時には、慌てずに婦人科や産婦人科を受診してアフターピルを処方してもらうのが良いでしょう。
アフターピルは緊急避妊ピルなどとも呼ばれており、避妊が出来なかった性行為の後、72時間以内に服用することで妊娠する確率を下げることが出来ます。
アフターピルにはノルレボ錠や中用量ピルのプラノバールなどがあり、ノルレボ錠には1回の服用で良いことなどのメリットがありますが、どの薬を飲む方法にするかは医師と相談して決めるのがおすすめです。
アフターピルを飲む時に注意することは、一緒に飲むと薬の作用が強くなったり弱くなったりしてしまう危険がある、飲み合わせの悪い薬がてんかんの薬など色々ありますので、普段飲んでいる薬がある場合などは医師や薬剤師に併用しても大丈夫かを聞いておくようにしましょう。
アフターピルは水やお茶、スポーツドリンクなどで飲むことが出来ますが、健康食品に入っていることがあるセント・ジョーンズ・ワート(セイヨウオトギリソウ)という成分は飲み合わせが悪いので、この食品には注意しておきましょう。
アフターピルを飲んだ後に副作用として出ることがある症状には、吐き気や頭痛、嘔吐などがありますが、大体飲んでから24時間以内にはこれらの症状は治まるとされているのであまり心配はいりません。
他に副作用として起こる可能性があるのは、予定外の出血などです。
さて、緊急時に避妊する方法のアフターピルに対して、普段から女性の側で避妊をしておきたい場合には低用量ピルを婦人科で処方してもらい、飲んでおくという方法があります。
低用量ピルや中用量ピルを使うと、生理日をずらし、旅行やスポーツの時に生理が起こらないようにすることも可能なので、大切な日に生理が重なったらどうしようという悩みがある人も婦人科で相談してみるのがおすすめです。