性行為後でも避妊できる薬アフターピル

性行為の後でもできる避妊、それがアフターピルです。いつもは妊娠しないように意識しているが、様々な状況で回避できない場合があります。緊急避妊薬とも呼ばれるアフターピルで望まない妊娠を防ぎましょう。

軽蔑されることを恐れずアフターピルをケースで常備

妊娠というのは一人ではできるものではなく、必ず相手のいるものとなっています。
そのため、どちらかが避妊の意志が強くても片方がいい加減であれば妊娠をしてしまう可能性があります。
そして、女性の場合避妊を男性任せにしてしまう人も多いものですが、これは非常に危険なもので本来であれば女性が率先をして避妊をする必要があります。

望まぬ妊娠をして一番困るのは女性ですから、避妊を男性任せにせずにむしろ女性が手動で行う必要があるのです。
ところが、女性があまりに積極的に避妊を進めようとすると相手によっては冷めてしまうということもあり、女性としてはそれが気になって避妊をして欲しいと言い出せないということもあります。
しかし、そのようなことで冷める男性というのは女性のことを考えていないいい加減な相手である可能性が高いものですから、妊娠を望まない以上は避妊をしない相手のことなど構って入られません。

それでもどうしても避妊をして欲しいと強くいえない女性は、軽蔑されることを恐れずにアフターピルをケースなどに入れて常備しておくようにしましょう。
アフターピルは性交をした後に72時間以内の服用をすれば、避妊効果があるとされているので避妊をしてくれなかった、避妊に失敗をした可能性があるという時には迷わずに飲むようにしましょう。
確実に避妊をしたというのであれば、心配をする必要はありませんが僅かにでも不安材料がある場合妊娠してしまってからでは遅いものですから、できるだけ早い段階で服用をすることが大切です。
避妊をしない相手というのは、いざ妊娠をした時に責任を取ってくれない可能性も高いので女性は自己防衛を心がける必要があるのです。